化粧は女ばかりでなくて男の人もする時代だとか。

ヒゲを永久脱毛したり、眉を整えたり、二重の手術をしたり・・・。

 

なんだかなー。

 

私がメイクをし始めたのは26、7歳にもなってからのことで

写真家志望の元彼女がすっぴんのイケてない私をおもしろがって

写真に撮るようになったからで、自分がどう見えていようと全く

気にならなかった。

 

その頃の私は、何のために(誰のために)みんな化粧しているのか

大いに疑問だったし、仮に加工した虚像の自分で認知されても

そんなのホントの自分じゃないでしょうが・・・って思ってた。

きれいじゃないよりきれいなほうがいい、とは思っていたけれど

女は男ほど容姿で相手を選んだりしないからね。

レズの私にはあんまり効果的な手段だとは思えなかった。

 

 

そもそも、じゃまくさい化粧を何ゆえするのかっていう原点は、

女が男性優位の社会で食いっぱぐれないために商品価値を

高めて美しく装うことにあった。

女の商品価値は容姿で決まる、となればそりゃあこぞって

化粧技術も習得するだろうし、着飾りもするでしょうよ。

女が商品価値で選別されることを容認してるわけじゃなくて

過去にはそういう時代もあったし、今でもそう思ってる低レベルな

連中もいるっていう話ね。

 

 

☆:*:☆。.・'゜☆・:。.・'゜☆・:*:・☆ 。.・'゜☆。.・'゜:*☆:*:☆

 

 

女に自活能力がなくて、男にぶら下がらなければ生きていけない

時代ならともかく、自立して生きていくと決めたらそれほど美醜に

こだわることに意味はないし、劣等感で自滅するのもナンセンス。

 

ただ、ちょっと化粧しただけで周囲の人間がいちいち反応するのには

びっくりもしたし、その程度のことで扱いが変わることにげっそりした。

こぎれいにするだけで得をすることがあるなんて、女をバカにしてる

ようなものじゃん。

そんなことでシッポなんか振らないのに。

いや、特別待遇を当然の権利のように思ってる女もいる、かな(笑)

 

☆:*:☆。.・'゜☆・:。.・'゜☆・:*:・☆ 。.・'゜☆。.・'゜:*☆:*:☆

 

年齢を重ねると、他人に関係なく理論武装の感じでする

化粧もあるんだなっていうことは実感としてわかった。

美しく装うこと自体が個人的に楽しい時間であるならそれもいい。

お金も時間もかかることだから、楽しくなきゃやってられないし。

でも、女が化粧するのがマナーだとか常識だとかまでは思わない。

ただ、女は風景に彩りを与えるオブジェだと思うようになってから

他人に不快感を与えない程度の身だしなみは必要かしら、と。

 

最近のことでいえば、親でも自分の娘だと気づかないほど別人みたい

になるメイクもあって、どんだけ自分の顔が嫌いなんだろ?って思う。

いっそのこと、韓国みたいに整形のお世話になった方が早くないの?

っていうのは話が違うんだろうか。

 

彼女たちのメイクの技術の高さには舌を巻くけど、あまりの違いと

寝起きの顔は絶対見せられないとかもれ聞くと、そこまでして

苦労のし甲斐があるのかしら?って思ってしまう。

あげくにもしかして「詐欺まがい」にいわれたら悲しいよね。

before after が別人っていうのは化粧の枠を越えてる気がして、

若い人にはあんまりしてほしくない。

やっぱり「ありのままに」いるほうが楽だし、脱げない仮面は

不誠実な匂いがするもの。

 

☆:*:☆。.・'゜☆・:。.・'゜☆・:*:・☆ 。.・'゜☆。.・'゜:*☆:*:☆

 

それはそれとして。

女が男好みの女になるために身をやつすのはありだとしても

男が化粧することにどんな意味があるんだろうか。

若年層の男女で年間所得が逆転したとか、自立した女が増えて

上司が女性っていう環境も珍しくなくなってきたということはあっても、

男が女にぶら下がっていい時代なんかくるはずがないと思う。

どう考えたって化粧した男が、化粧なんかにうつつを抜かしてる

男が女たちの支持を受けるとは思えないんだけど。

女はイケメンに弱いっていわれてるけど、男の人の美女好きほど

じゃなくて、ごく一部の話か、あるいは相当ご年配の女性が

余裕でいってる話だと思うのね。

 

結婚するとなれば未来や生活がかかってるんだもの、

もっと他の要素でシビアにパートナーを選んでる。

例えば、心身共に清潔好きかどうか、とかね。

男でも女でも清潔感はたぶん一番大事。

顔を洗う、歯を磨く、手を洗う、咀嚼音を立てないで食事する、

身の回りを清潔に保つ、などなど。

そういうのを面倒がらずに努力できるのは人としての誠実さや、

他人に対する思いやりがあるっていうことだから。

ただし、病的な潔癖症はナルちゃんぽいからダメだけど。

それに化粧したって男は男、美しさじゃ女には勝てないよ(笑)

有史以来の伝統と歴史があるんだから。

 

☆:*:☆。.・'゜☆・:。.・'゜☆・:*:・☆ 。.・'゜☆。.・'゜:*☆:*:☆

 

化粧するのとよく似てるのがレズのサイトに寄生したがる女装男子

ほとんどが一目で男とわかる不細工さだからよけいに気持ち悪い。

どんな言い分があるかしらないけど、なぜレズ・サイトに潜り込む?

FTmとThmとかだったら戸籍変えてからかかってきなさい(笑)

 

自己満足の世界だからほっといて、といわれればそれまでだけど

わかりにくい自我は生きづらさにつながることを知ってるからね。

それで自滅していくとしても誰のせいでもないけれど、

屈折した男は表より裏の世界、反社会的になりやすいんですよ。

結果として、変態や性犯罪者が増えるのはすごく迷惑なの。

おとなしく引きこもっていればいいっていう話ではないけれど、

セクマイを変態の仲間みたいに思わないでほしい。

信じられないかも知れないけど、私たちは趣味やファッションで

レズになったわけじゃないんだよね。

気分で男になったり女になったりするのは楽しいかもしれないけど

何の共通項もないレズ・サイトを乗っ取るのはやめてほしい。

 

鍵、あけておきました(^^)

たいていは鍵付きのブログにばかり書いているので

こっちのブログはほとんど更新できてないのに、

ご奇特な方がお見えになって読者登録をしていただいた。

ほんとに申し訳ないことです。

 

もし、よかったら鍵付きの方をクリックしてみて下さい。

たぶん、問題なく閲覧して頂けるようになってます(今日から)。

ただし、鍵が付いてるのはプライバシーを守りたいだけで

特別、おもしろいとかお得なことは何もありません。

 

どこに住んでるとか、どんな顔して書いてるとか、なんて

他人にはあまり意味がないと思うんだけど、恐怖を感じるくらい

接近してくる人もたまにいるので、ちょっとした自己防衛です。

効果のほどはよくわかりません。

PCに詳しいわけでもなく、元々、ゆるーい人間なので

ヒマつぶしにもならない内容だったりします。

それでもよければ、どうぞ(^_^)

 

 

 

 

 

 

はてな、いろいろありすぎてよくわからない件

ふだんは鍵付きのはてなブログに書いてるんだけど

それほどプライベートじゃないことなら非公開じゃなくてもいいか

って思って、たまに書くことがある。

 

そこで問題なのは、はてなってブログとか日記とか何種類もあるってこと。

普通の人には便利でいいのかも知れないけど、私はどこに何を書いた

のかわからなくなるのよね。

さらに、探しても見つけることができなかったりする。

まあ、たどりつけないのは私個人の能力の問題だとは思うけど。

 

これもブログで、もうひとつのメインのほうもブログで、探してるのは

日記だったかと思って見てみたけどそれでもない。

Myはてなにアイコンも出てこないから、もうお手上げ(><)

 

べつにいいんだけどね、メインのブログだけでも。

とかいいつつ、あれってどうやって辿り着いたんだったっけ?

っていう疑問が払拭できないでいる。

管理能力ゼロだなー。

でもさ、たかが遊びでやってることにそんなに神経使わないでしょ?

 

というグチを吐き出してみる。

 

ああ、年度末だ・・・。

年度末だ。

他の業種のことはあんまり知らないけど、どこでも似たようなもの?

 

病院っていうところは年度末だからっていってはあんまりバタバタしない。

でもクラークさんたちにとってはなんだかんだと大きな節目を迎える季節で

そのアオリを受けて医療記録などの証拠書類関係を最終点検する仕事が

時間外に回ってきたりする。

 

医師や助産師に人事異動はないが、ナースやクラークさんにはあるから

別れの季節でもあったりするわけで、ナース時代からずっと見送ってばかりの私は

一人一人に心を込めて感謝の思いと、さらなる活躍を祈ることになる。

 

特に親しかった同僚が異動になったりすると身を切られる思いがする。

組織に属してお給料をいただいてるんだから嫌も応もないけれど、

定期的な人事異動に関する行政的発想と、医療現場のとらえ方は少し違う。

行政の人たちにはスゴロクみたいに異動を繰り返してアガリっていうのが

あるようだけど、ナースや私たちにはそういうのがない。

せいぜい何百人のうちの一人が師長におさまるだけで、水平の異動はあっても

個々に上昇志向はほとんどない。

 

だから人事異動のデメリットは数えられても、メリットは思いつかなかったりする。

有能なヴェテランが欠けると、そのできた穴を埋めるべく誰かを育てなければ

ならないわけで、それが迷惑だったり負担だったりして大きな無駄に思える。

特にナースは慢性的な人手不足だから、現場としては増員を希望してるのに

手持ちの有能な人材をよそに持ってかれると、たちまち、とっても困るのだ。

 

グチグチいってもはじまらないけど、昨日の内示でかれこれ8年来の友達が

脳外科の病棟に異動になったのがショックで・・・(><)

優秀な人だから彼女自身については何にも心配してないけど、扱う機器も

違うし、処方される薬剤も副作用も、飛び交う単語も違うだろうからたいへんな

労力を費やすことになるのは目に見えてる。

本人の希望なら仕方ないけど、そうじゃないのなら上の方の力関係だけで

こういうムリヤリな人事はやめてほしいなぁ。

 

ウチのジャンボちゃんは(優のこと^^)小児科を希望してたけどダメだった

みたいで、ため息ついてた(笑)

整形って男性患者が多くて、それもご老人が多いから、テンションをキープするの

たいへんなんだって。

わかるわかる! 

あっちにもこっちにも苦虫噛み潰したようなかまってちゃんがいて、やたらと

咳払いやイミフなうなり声が聞こえるのは、元気な患者が多い整形の特徴^^

病室風景としてはそんな中に優が一人いるだけで、100ルクスくらい明るくなる

とは思うけれど(笑)

 

私の持論からいえば、整形なんてもっと男性看護士を増やすべき病棟。

力仕事もさることながら、若い女の子にシモの世話されるのはおじいちゃんでも

イヤでしょ?

基本、どの病棟でも同性の看護士が患者さんにつくようにすればいいのにな。

もし、私が入院するようなことがあったら、男性看護士なんて絶対イヤだ!

悪いけど処置しないでそのまま死なせて(笑)

 

断っておくけど、これは能力とか技量とか全然、関係のない話、ね。

女性は女性が、男性は男性が看護するっていうのが一番自然なカタチ、でしょ?

日本でもようやくそういう患者さんの要望を聞くところが出てきたようで、

人材が確保できる範囲で同性の看護士を配置するらしい。

そうならなければ、一大決心をして看護士になった男性たちの精神や

技量を無駄にすることになる。

 

男だって女だって関係ないっていうのは患者の側に立たない暴論で、

そんなことをいいだせば助産師だってアメリカのように男性でもよくなる

じゃない。

日本では、女性しか助産師になれないっていう法律があるのは、それが

差別に基づくわけじゃなくて多くの国民の総意でもあるわけ。

いくらおめでたいことだといっても、誰だって自分や自分の奥さんの

性器を他の男性にアレコレされるのはうれしくないでしょーが。

 

「どーせなら若い女の看護師がいい」なんて、不道徳なことを考えてる

男性には朗報じゃないかもだけど、痔や大腸検診を受けたことのある

女性なら賛成してくれるんじゃないかしら?

思い出してください

初めて人を好きになった時のことを

それはいつのことでしたか?

 

どんなにボンヤリした人でも

ある日突然 恋に落ちて

切なくて眠れない夜があるものです

 

と ここまではさほど違和感もなく

フンフンってついてきていただけたでしょうか

 

でも ここからちょっと あえて違和感を持ってもらいます(笑)

 

人を好きになるっていうこと

それは誰にもあることだし

誰かと友達になるっていうのは嫌いな人じゃ無理でしょ

だから同性を好きになったからって

何も変なことじゃない

私 ずっとそう思ってます 

今でもね

 

 

だけど、もしも突然、同性に告白されたりしたら

どうなんでしょ?

青天の霹靂、びっくりしてその場から逃げ出してしまうのかな?

世間の常識とは違いますものね

でも、ありうることだとは思いませんか?

 

中学校の同じ学年の在校生が男女で200人いたとします

うち半分が同性だとすると、4人くらいは同性愛者の可能性があります

異性愛者の女の子に限っていうと、告白した経験がある子が10%弱という

データがあります

つまり10人に1人は自分から男子に告白する確率です

今どきの中学生はもっと積極的かもしれません

それでもやっぱり女子から告白するのはかなり勇気のいることでしょう

ましてやそれが常識ではない同性から同性への告白となれば

清水の舞台ぐらいではなくて、スカイツリーから飛び降りるくらいの

勇気が必要なのです

 

びっくりしたり驚くのはやむを得ないことですが

できたら彼女の勇気に免じて、逃げ出さないで受け止めてあげてほしいの

別に好みをねじ曲げてつきあって、というんじゃないんです

仮に「あり」だと思っても、「絶対にありえない」と思っても

好意を示してくれたことに対して「ありがとう」のひとことでいいんです

そこから先はあなたの率直な気持ちだけでいいと思います

「友達としてしか考えられない」でもいいし、「興味がない」でもいいのです

 大事なことは人はみんな違うし違っていいのだ、という地平から

マジョリティの常識を振りかざすのではなくて、それぞれの人権を認めつつ

一緒に共存できる社会を目指してほしいのです

 

 

 私はお気づきのとおりレズビアンで、レズ同士の自己紹介ふうにいうと

女性として女性しか愛せないリバのフェムということになります

レズだからって具体的に日常生活では何にも困ることはありません

異性愛者(以下、ヘテロと略します)が「私は男性が恋愛の対象です」なんて

宣言をしないように、私も女性が恋愛対象であることを宣言したりしません

そんなことをカムアウトしなければならないルールはないのです

 

 

残念ながら、日本ではまだ個人の尊厳を認める文化的成熟度が低いのです

「女は黙って子供だけ産んでればいいのだ」と発言する大臣がいる国であり

「戦争には慰安婦が必要だ」と発言するような人間が公党の代表だったりして

非常識がまかり通る民度の低さに、あきれ果て恐れおののきさえします

なので、どういうわけかマイノリティはカミングアウトをするのが当然というような

風潮があるのは事実ですが、そうすることによって摩擦とはいわないまでも

周囲の視線が変わるとか、微妙に排除されるおそれがあります

 

場違いなお願いですけど、基本的人権を踏みにじって恥じないような

政治家に投票するのを控えていただけませんかしら

別に政治的なポリシーなんてないけど、人間として尊敬できない人に

この国を任せてるのは納税者としてすごく不満です

 

 

親しくなった人に、 なんでレズビアンになっちゃったの? って聞かれることが

ごくごくたまにある

私にしたら、それは「どうして男の人なんか愛せるの?」っていうのと同じで

原因なんかない、としかいいようがない

治るとか治らないとかいう話も同じで、ヘテロは治るのかい?って聞きたくなる

たぶん、他の女子みたいに男の子に目が行くっていうことがなかっただけ

 

小学校5年の春休みだったかな

一番仲のよかった女友達に「私、△田クンのことが好きなの」

って内緒話を打ち明けられて

「はぁ・・・?」って意味がわからずにポカンとしたのを覚えてる

「別に誰が好きでもいいけど、どうしてわざわざいうの?」

「だって、△田クンは特別なんだもん」

△田っていう男の子の何が特別なのかわからなかったけど

「私はりょうこちゃんのほうがずっと好きだけどナ・・・」

「それは女同士だから意味が違うでしょ 好きな男子の話してんの」

 

私は自分が同性愛者っていうことに気づいたのは

もっとずっと後のことだけど、その時に感じた「男子を好きになること」には

特別な意味があるらしいことへの違和感は今も鮮やかに残っている

 

ヰタ・セクスアリスっていう意味であれば、私にも性の目覚めはあったし

小学校5年ともなれば、オンナは「産む性」としての自覚を強要されるもの

自分が子どもを産むなんて、そんな想像もつかないような遠い話が

現実に影を落とし始める

周りの女子は日々に変質して、湿り気を含んだ憂いまとうようになる

私は他の女子よりカラダの成長が遅かったので、そういう女子たちにも

気分的にも肉体的にもついていけてなかった

かといって、女子たちほど画期的に成長する気配もない男子にも

なぜか恐ろしく失望していた

 

そういう私の性の目覚めは、自分の身に起きた爆発的な快感の発見に

始まったんだと思う

欲求の具体的な対象もなく、必然性もなくて、ただ起きてしまったこと

あれぇ? なんか変な感じ・・・、何なのこれ?

場所が場所だけに人にも聞けず、親にもいえず

 私だけ変な体なんだろうかと悩んだりもした

 

そのうちに女子だけ理科室に集められて、

スライドを見せられて月経なるものの説明を受けた

ざっくりとした説明の端々に、これは女子だけの秘密だから

男子に知られちゃダメ的な匂いがぷんぷんして不安を掻き立てられる

性行為? なんのこと? 妊娠? なんで子どもにそんなことがあるの?

最初から「質問には答えません!」と決めてるかのような口調で

はっきりと、でも意味不明なまま、責任だけが押し付けられた感じがした

 

それでもなんとなくだけど、あのムズムズするようなくすぐったさとは

場所がかぶってるから、性行為っていうのとは関係があるっていうのはわかる

妊娠するかもしれないことなら、きっとよくない行為なんだわ

だからみんなおしっこやウンコはあたりまえのようにいくけど

誰もアソコに関する話題は口にしないんだ、という了解

 

好むと好まざるとに関わらず、見るもの聞くものに男女の色分けがあり

オトナ達はみんなサチリアジス(男性色情症)なのかと思うくらい、性情報が

あふれていたりする

それは子どもの世界だって容赦なく浸食する

まず女の子は変質者に狙われる性だとTVや報道が現実を教える

なぜ狙われるのか? なぜ殺されるのか? 誰も明確にしないまま

性行為が子どもを作るという意味だけではなくて、人を狂気に走らせる

よからぬ行為だということを恐怖心とともに植え付けられる

思春期に、男代表の父親が性の匂いをさせたら顔を見るのも嫌になるのは

近親相姦を禁忌として忌避する本能があるからだろう

 

それでもたいていの女の子の興味は男子に向かう

熱に浮かされたように、頬を染めて、好きな男子を目で追ったりする

いったい、どうしちゃったの? って思うくらい重い病気にかかって

切なげにため息をついたりする

彼女たちの頭の中は理解できないが、恋に恋する様子を見てると

真剣さに心をうたれて、けなげな彼女たち自身をいとおしくさえ思った

うれし恥ずかし、春の目覚めの予感

 

ではあるが、私は猿みたいに不格好な男子たちではなくて

清潔感にあふれた同性の美しさにゾクゾクしてしまった

まっすぐな緑の黒髪に息をのみ、背筋の伸びた凛とした立ち居振る舞いに

惚れ惚れし、更衣室で彼女が発散する汗の甘い匂いにクラクラした

 

校舎の片隅に彼女の姿を見つけて、それが後ろ姿であっても

私の胸はきゅんきゅんして一瞬、息が止まってため息に変わった

 

私はまぎれもなく、この先輩が好きで恋をしている! とわかった

高校生になってまさかの初恋? 遅すぎる春の目覚め

それも同性だなんてねー

誰にもいえやしないわよ

 

本人が望むと望まざるに関わらず、同性愛者は誕生する、という話

そして比較的オープンになったとはいえ、たぶん身近には一人もいない

と思ってるだけで、ほんとはクローゼットのレズがヘテロと同化したふりを

してるのに気づいてないだけだろうと思うのね

 

人間って、一生の間にだいたい2万人くらいの人と関わるそうだから

半分が同性としたら、少なくても400人は出会う確率

バイ・セクシュアルも含めたら10%を超えるわけで

仮に今まで出会ってないというのが正しかったとしたら

これから団体ですれ違うかもしれないんだよねー

冗談だけどwww

 

マツコ・デラックスみたいのが5人も押しかけたらば、

貞操の危機だよねー、あはwww

 

そうそう、TVにも出てるレッキとした医師だけどそっち系の人がいってた

彼の大学じゃ、学寮の先輩が新入生全員と歓迎×××するんだって

新入生が100人くらいいる中で、8人くらいはそっち系に目覚めるらしい

次の年も、また次の年もほぼ8人くらいは目覚めて・・・w

嘘みたいな冗談?

じゃないらしいわよぉ

なんか、こっわーい

 

やだやだ、ビジュアル的にやだ!!

私、腐女子じゃないし

ただのレズだし(笑)